上手に生きたい 歴史 生きる

201.リソースの投入量で勝つ

リソースの投入量で勝つ
みーもん
よし、じゃぁ早く仕事終わりに出来た方が勝ちな。
いやいやいやいや、一対一じゃないの?ずるじゃん
でぃま
みーもん
リソースを大量に投入した方が強いんだよ!

個人のスキルって限界があって、優秀な人でも、一人で出来る範囲って限界があると思うんです。

なので、人数が多い方がどんな分野だって基本的には強くなるはずです。

個人の時間の使い方もそうですよね。

優秀か否かとか、得意不得意の差はあれ、結局、大量の時間を投入できた方が強いとおもうんです。

毎日3時間英語を勉強する人と、5分しか勉強しない人では、絶対3時間勉強している人の方が確実に伸びるはずです。

 

自分がなりたいこと、成し遂げたいことに、どれだけリソースを費やせるか、

ほかのところをどれだけ削ることができるか、これは本当に大事なことだと思います。

リソースを傾けたいものはなんですか?

今日の一問

無駄に使ってしまっていて、削れそうな時間はありますか?

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-上手に生きたい, 歴史, 生きる

© 2022 ディマなりの生き方