学ぶ 歴史

163.リンカーンの失敗

リンカーン
みーもん
第16代アメリカ合衆国大統領のリンカーンは失敗だらけだったって有名だけど、どう思う?
正直、僕も負けてないです。(キリッ)
でぃま
みーもん
・・・。
穴があったら入りたい
でぃま

失敗、というよりは、不運、という方が正しいかもしれません。

数々の不運の中で、よく大統領として活躍したものだと、脱帽するしかありません。

 

リンカーンは仕事面で言えば、最初の小売店業もうまくいかずやめてしまいましたし、

農業主もうまくできませんでした。議員としてすら、実はうまくいってません。

議長もすぐやめてますし、副大統領もすぐやめてます。選挙もなんどか落ちてます。

大統領になったと思ったら、暗殺されてしまいます。。。

 

恋愛においても、恋人を病で失っていますし、婚約破棄も2回経験しています。

さらには、4人いた息子のうち、二人を若くして命を落としています…。

 

筆者の人生も不運だらけ、困難だらけで、ここには自信がありますが、(何に自信を持っているのか)

世界には、もっと大変な人がいて、そうした方々が踏ん張っているわけです。

苦難がふりかかったとき、どうして挫けていられようか、と仕方なく立ち上がりながら生きて生きましょう。

今日の一問

自分の人生を愛することはできそうですか?

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-学ぶ, 歴史

© 2022 ディマなりの生き方