学ぶ 歴史

162.アンチブランドのブランド化

良品計画
みーもん
無印最高だよなー。だいたい無印で買っておけば間違いない。
化粧水とかも無印にしてます。実は。
でぃま

無印良品。アンチブランドで、ブランド名を載せないことにより、安価な製品を同質なままで提供する、

そうした思いのもと、突き進んできたことによって、逆にそれが「ブランドになる」という現状は、非常に面白いと思う。

一つ決めた信念や理念を、受け入れられるまで貫いた先に、確固たる価値が生まれるのかもしれない。

今日の一問

自分ブランドを築いていくとして、貫きたい思いはありますか?

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-学ぶ, 歴史

© 2022 ディマなりの生き方