プロローグ 上手に生きたい 生きる

15.大きな幸せ

大きな幸せ

https://mi-mon.com

でぃま
幸せって、なんかこう…。もっと大きなものじゃないですか?うまく言えないですけど。
あー。めっちゃわかる。そういうもんだよなぁ。そう。幸せは大きなものだと思うぜ。
みーもん
でぃま
じゃぁ、ちょっと笑って楽しいくらいじゃ意味なくないですか。超短期的に楽しくても夜にはまた悲しくなってるかもしれない。
じゃぁ、でぃまは、1日中悲しいのと、夜は悲しいんだけど、ちょこちょこ楽しいことあるの、どっちがいいの?
みーもん
でぃま
うっ。そう言われると…。あ、でも落差がない方が精神的に楽じゃないですか。また悲しいところに落ちるくらいなら、悲しいままの方が楽なこともありますよ!
その気持ちもよくわかるわー。そうそう。そうも思うよな。

そこを抜け出すのは、本当に大変なんだと思っているよ。前にも言ったかもしれないけど、人間はそんな簡単にガラッと性格変るなんて出来ないんだよ。

だから、少しずつ初めていくしかないねん。すると、初めのうちはその落差に心が苦しくなることもあるかもしれん。

そういうときは、どうしたいいかわかるだろ?

みーもん
でぃま
え…、どうしたらいいんでしょうか。
みーもん
でぃまには、”わい”がいるじゃんか。そういうときは話聞くぜ。応援するぜ。任せとき。

何かを始めるということは、失敗のリスクがつきまとうということ。

それと向き合うのは、怖い。どうしても怖い。だから、今の場所にとどまる。

そんな決断をすることはないでしょうか。私はあります。

そんなとき、絶対的な味方がいてくれたらどうでしょうか。すごく支えになりまよね。

でも、そんな味方はそう簡単に見つかるものじゃない。

もちろん、見つかっているラッキーな方も多数いると思いますが、誰もが見つかっているわけではないはず。

「みーもん」が、「この物語」が、皆さんにとっての”それ”になれればと、本気でそう思います。

 

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-プロローグ, 上手に生きたい, 生きる

© 2022 ディマなりの生き方