上手に生きたい 生きる

166.味わうためのお酒

味わうためのお酒
でぃま
グイっといきましょう。グイっと!
ラガービールはグイっとでいいけどなぁ。日本酒は違う感じで生きたいなぁ。
みーもん
でぃま
たくさん飲んでなんぼでしょう!
だめだ、こいつ、酔ってる…。
みーもん

酔うための酒なのか、味わうための酒なのか、

結構、酔うために飲んでることも多いのではないでしょうか?

ラガービールをグイっと飲むとき、爽快ですよね。でも、エールビールゆったり飲むのもいいものですよね。

 

本来の由来はわかりませんが、日本酒の文化はすごいと思うのです。

神にささげる清酒を、お猪口のような小さな器に入れてたしなむ。

西洋では「ショット」のようなものはありますが、基本的に、お猪口サイズの器でチビチビ飲むことなんでないと思うんです。

もちろん、体質の違いはあるのですが、お酒を味わう文化が、せっかくあるのですから、それを楽しみたいとも思います。

今日の一問

徳利とお猪口を買い、日本酒を飲んでみるのはどうですか?

 

 

 

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-上手に生きたい, 生きる

© 2022 ディマなりの生き方