上手に生きたい 生きる

131.人を恨んで得られることは?

人を恨んで得られること
みーもん
ふっふっふっふ
師匠…。なにしてるんですか・・・?
でぃま
みーもん
呪いの藁人形をな、作ったのだよ。
な、なぜ…?
でぃま
みーもん
人を恨んでも良いことがない、という反面教師になるためさ!
し、師匠!そんな。ボクのために。
でぃま
みーもん
(本当は、世界中のピーマンに呪いをかけて、撲滅するためさ。ハッハッハ)

人を恨んで得られるものとは何でしょうか。

人生を進んでいく過程で、自分の人生を滅茶苦茶にしてくる人や、自分の大切な人に害を加える人、

はたまた心を乱してくる人…などに対して、「恨み」を持つこともあるでしょう。「憎しみ」を抱くこともあるでしょう。

でも、それが自分の人生にもたらしてくれることはなんでしょうか?

憎悪に駆り立てられて、平穏もなく、幸せ度の低い日々でしょうか?

復讐を達成することにより、満足感でしょうか?

 

憎しみを持つ、恨みを持つ、というのは、それだけで「相当なエネルギー」を消費します。

自分の人生の大切な、大切な時間を、「憎しみエネルギー」に費やすのはどうなのでしょうか?

 

あなたが幸せであるためには、恨みや憎しみに生きるべきではなく、幸せに生きるべきで、それにエネルギーも時間も費やすべき。

どんなに、どんなに、苦しくても、大変な思いをしていても、あなたがあなたを幸せにするために、

恨みも、憎しみも、すべて手放し、前を向いて新しく踏み出しはじめましょう。

 

わかっています。そんなに簡単なことではありません。

何度も、何度も、心を砕かれてきた私だからこそ、逆に言いたい。

悲しい人生ではなく、幸せに生きるために、生きましょう。

今日の一問

幸せに生きるために、生きることができていますか?

 

 

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-上手に生きたい, 生きる

© 2022 ディマなりの生き方