上手に生きたい 生きる

119.自分の足で

自分の足で
みーもん
誰に意見を求めても、誰に助けてもらっても、最終的には自分の足で歩き出すしかないんだぜ。わいは色々教えられるが、歩き出すのは”でぃま”自身なんだぜ。
でぃま
毎日なんとなく生きていると、”自分の足で歩き出す”ということを意識する機会ってあんまりないかもしれないですね…。ちょっと考えてみます。

山を登るとき、ヘリコプターや車にのせて連れて行ってもらうこともできるしょう。その時はいいかもしれません。山頂から良い景色を見ることもできるでしょう。

しかし、その連れて行ってくれた人が、ずっと一緒にいてくれるとも限りません。

また同じ景色を見たいとしたら、自分の足で歩くか、自分で車を買って車の運転を身に着けるか、何れにしても自分の力でどうにかするしかないのです。

周りの人に愛され、助けてもらうことは、素晴らしいことだと思います。それも良いと思います。

ですが、それだけでなく、「自分の足で歩ける」そうした自信を持つことも、絶対に必要です。

その自信さえあれば、どんな状況でも生きていけるのですから。

自分の足で。

ポイント

「自分の足で」歩き、つかんだ自信のあるものはありますか?

  • この記事を書いた人

Neo

学歴なし、特技なし、専門性なし、人生失敗だらけの著者が、”でぃま”に自分を映しながら、”みーもん”に助けてもらう話を執筆中。 著者の詳細なプロフィールはこちらから https://mi-mon.com/about-author/

-上手に生きたい, 生きる

© 2022 ディマなりの生き方